杉並区立中央図書館

「共生」の建築家・黒川紀章さんが設計した図書館

杉並区立中央図書館は、1982(昭和57)年10月、区政施行50周年記念施設として、荻窪3丁目の静かな住宅街に開館した。設計を手掛けたのは、日本を代表する国際的建築家の黒川紀章さん(1934-2007)だ。黒川さんは、1960年代初頭から斬新な建築作品を発表し続け、都市デザインや地域開発など幅広い分野で活躍。特に、建築デザインに「自然と建築の共生」「内部と外部の共生」など、多様な「共生」の考え方を取り入れた建築家として知られている。
図書館の設計にあたって「みどりとの調和及び共生を計る」というコンセプトが採用され、玄関脇にシンボルツリーのヒマラヤスギが据えられた。また、周囲の住環境との調和を考慮し、全体がシルバーで統一された都会的な外観の建物を、木々の緑が柔らかく包み込むような配慮がなされている。
館内の閲覧コーナーは、2階まで続く高い吹き抜けとなっており、開放的な空間が広がっている。壁は全面ガラス張りで、ブラインドを上げると四季折々の読書の森の風景が見渡せ、屋内にいながら、まるで木立の中で本を選んでいるような気分が味わえる。
なお、館内各所には、杉並区ゆかりの文化人から寄贈された作品が展示されている。1階の開架スペースで、彫刻家・佐藤忠良さん(※1)の青銅像「フードの竜」が来館者を出迎えてくれるほか、2階廊下に、阿佐谷在住の詩人・谷川俊太郎さん(※2)が自作の詩をしたためた書が掲げられている。また2014(平成26)年には、敷地内に、平和を願う杉並区の象徴として「アンネのバラ」が植樹され、訪れる人の目を楽しませている。

※1:佐藤忠良(さとうちゅうりょう)さん:1912-2011。彫刻家。1959(昭和34)年に永福町に構えたアトリエを拠点として、国内外で優れた作品を発表した
※2:谷川俊太郎さん:詩人。1931(昭和6)年、東京府豊多摩郡杉並町(現・杉並区)生まれ。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳など著書多数

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 特集>公園に行こう>区立読書の森公園
すぎなみ学倶楽部 歴史>【証言集】アンネのバラ

DATA

  • 住所:杉並区荻窪3-40-23
  • 電話:03-3391-5754
  • 最寄駅: 荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:9:00-20:00
  • 休業:毎月第1・第3木曜日(祝日にあたる場合など、詳しくは公式HPの開館カレンダーを参照)
  • 補足:日祝:9:00-17:00
  • 公式ホームページ:https://www.library.city.suginami.tokyo.jp/facilities/chuou.html
  • 出典・参考文献:

    「杉並区立中央図書館設計趣旨説明書」黒川紀章建築都市設計事務所
    『共生の思想-未来を生きぬくライフスタイル』黒川紀章(徳間書店)
    『新・共生の思想-世界の新秩序』黒川紀章(徳間書店)
    『現代の建築家 黒川紀章』SD編集部・編(鹿島出版会)
    「彫刻家 佐藤忠良-永福町にアトリエを構えて」杉並区(永福町駅設置の「冬の像」説明板)
    「広報すぎなみ平成29年4月15日号 特集すぎなみビト 谷川俊太郎」杉並区

  • 取材:内藤じゅん
  • 撮影:内藤じゅん
  • 掲載日:2017年07月10日

杉並区立中央図書館。エントランスに突き出たギザギザの庇(ひさし)が目を引く。玄関脇にそびえる大樹はシンボルツリーのヒマラヤスギ。手前にあるのは「アンネのバラ」の鉢植え

杉並区立中央図書館。エントランスに突き出たギザギザの庇(ひさし)が目を引く。玄関脇にそびえる大樹はシンボルツリーのヒマラヤスギ。手前にあるのは「アンネのバラ」の鉢植え

建物の周りには緑の木々が広がる

建物の周りには緑の木々が広がる

外の緑を見渡せる閲覧コーナー

外の緑を見渡せる閲覧コーナー

谷川俊太郎さんの書「かっぱ」(左)、佐藤忠良さんの彫刻「フードの竜」(右)

谷川俊太郎さんの書「かっぱ」(左)、佐藤忠良さんの彫刻「フードの竜」(右)