区立塚山公園

縄文時代に思いをはせる

浜田山駅から南へ徒歩でおよそ13分、神田川の桜並木沿いに区立塚山公園がある。
この地は「下高井戸塚山遺跡」にあたり、昭和時代の発掘調査の際に、縄文時代中期(約3500~4500年前)の住居跡が25軒見つかっている。その後、1973(昭和48)年に国が当該地を取得し、官舎の建設計画が発表されたが、遺跡と樹林を守る運動が地元で起こり、1988(昭和63)年3月に区立公園が誕生する運びとなった。
園内には遺跡に関した見どころが多数ある。特に目を引くのが、発掘された住居跡をモデルに復元した竪穴住居だ(写真上)。中に入ると、縄文時代の家族の暮らしぶりを見ることができる。このほか、1985(昭和60)年の調査で発掘された幅約4.5メートルの住居跡(復元、写真下)も残されており、跡地の上に立って大きさを確かめることが可能だ。また管理事務所には、発掘調査で発見された出土品のレプリカや、当時の集落を想像して作成した復元模型などが展示されている。

不燃化材で再現された竪穴住居

不燃化材で再現された竪穴住居

写真上左:竪穴住居の中で見られる縄文人の様子<br>写真上右:土器の形をしたユニークなごみ箱といす<br>写真下:縄文中期の住居跡(復元)

写真上左:竪穴住居の中で見られる縄文人の様子
写真上右:土器の形をしたユニークなごみ箱といす
写真下:縄文中期の住居跡(復元)

デイキャンプもできる、子供連れに嬉しい公園

公園中央の高台には池があり、周りをガマやショウブなどの水生植物が彩る。とりわけ5月、キショウブの黄色い花が美しく咲きほこる時期が見頃だ。夏には、高台から下の「じゃぶじゃぶ池」まで続く長さ23メートルの“流れ”に水がはられ、水遊びをする子供たちでにぎわう。そばの「こども広場」には、滑り台付きの大型遊具が設置されているのだが、景観に溶け込むダークグリーンとブラウンの色調なのが区内でも珍しい。また、「こども広場」では夏休み期間中に団体(※)でデイキャンプも行える。
コゲラやモズなどの野鳥が住居跡周辺に見られるのも、木々が豊かなこの公園の特徴。ドングリがなるコナラやクヌギ、クリの木も茂り、実を拾いながら「縄文人も食べていたのかな」と想像してみるのも楽しい。公園西側の「ふれあい広場」には、さまざまなバラが植えられた花壇や、手入れの行き届いた生垣の見本がある緑化モデル園があり、散策におすすめだ。
毎週土・日曜日には管理事務所内に「みどりの相談所」(※2) がオープン。窓口と電話により、花や木の名前を知りたいなどのみどりに関するさまざまな相談ができる。

※1 青少年の健全育成活動を目的とした団体。デイキャンプの利用期間や申請方法などは以下サイトを参照
杉並区役所ホームページ>デイキャンプができる公園(外部リンク)

※2 みどりの相談所の利用方法などは以下サイトを参照
杉並区役所ホームページ>塚山公園 みどりの相談所(外部リンク)

キショウブが見ごろを迎えた5月の池

キショウブが見ごろを迎えた5月の池

夏に「じゃぶじゃぶ池」になる場所。水が出ていない季節も子供たちの楽しい遊び場

夏に「じゃぶじゃぶ池」になる場所。水が出ていない季節も子供たちの楽しい遊び場

利用者便利情報(取材日現在)

広さ:28,700.67㎡
駐車場:なし
駐輪場:あり
ベンチ:79台
水遊び場:あり
ボール遊び場:野球場あり(スポーツ振興課管理)
犬連れ:可
トイレ:あり
誰でもトイレ:あり
売店:なし
飲料自販機:あり(管理事務所内)
管理事務所:あり
防災設備:防火水槽

落ち着いた色合いの大型遊具

落ち着いた色合いの大型遊具

「みどりの相談所」は毎週土・日曜日の9:00-12:00、13:00-16:30に利用できる

「みどりの相談所」は毎週土・日曜日の9:00-12:00、13:00-16:30に利用できる

DATA