みまもり まりも君、みまもり まりんちゃん(ケア24)

地域と高齢者を見守る、かわいいキャラクター

「杉並区地域包括支援センター ケア24」と区の職員が、「地域のたすけあいネットワーク事業(地域の目)」のPRの一環として生み出したのが、「みまもり まりも君」と「みまもり まりんちゃん」です。さまざまな世代に受け入れられて、輪が拡がっていくようにと、可愛らしいキャラクターづくりを心がけられたそうです。「地域の目」は、ひとり暮らしの高齢者等が、健康で安心して暮らせる地域にしようという事業で、2004(平成16)年から始まりました。登録した「あんしん協力員」が、見守りを受けたいと申請した高齢者の方々を、日常的にさりげなく見守ります。現在、杉並区にはひとり暮らし及び高齢者のみの世帯が、3万6千世帯ほど。しかし、申請されているのは約400名、「あんしん協力員」も450名前後です。「ケア24」では、随時説明を行ない、申請や登録を受け付けているので、興味がある方は、気軽に相談してみましょう。

プロフィール
生みの親:川村耕平(ケア24成田の元社会福祉士)/誕生した時期:2008(平成20)年の夏/行動:「あんしん協力員」として、高齢者を見守っている/特徴:勢いのある事業になるようにと、すこし立ち上がった前方の藻、普段は「あんしん協力員」証を持っている/出会える場所: 「杉並たすけあい大作戦!」のリー
フレット、「あんしん協力員」証

DATA

  • 取材:佐竹 未希
  • 掲載日:2009年11月09日