和泉熊野神社

一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居とくぐって心を清めよう

永福町駅の屋上庭園「ふくにわ」から新宿の高層ビル群を眺めると、右手前にこんもりとした森が見える。この森は「和泉熊野神社(いずみくまのじんじゃ)」と、隣接する別当寺(※1)だった龍光寺だ。都会にして、この緑。神職も「静けき緑に囲まれた当社へ一歩入れば、穢(けが)れた心がお清めされるでしょう。」と語る。年2回行われる「茅の輪神事(※2)」では、半年に一度境内に設置される茅の輪をくぐると、その半年間の罪や穢れが取り除かれるという。茅の輪神事は誰でも参加できる。
社伝によれば、1267年に熊野川を御神体とする現在の和歌山県の熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)の御分霊を祀(まつ)ったのが創建。境内からは縄文時代の土器や古墳時代の土師器(はじき)が出土している。現在の社殿は、1863年に造営され、1871(明治4)年に修復された。また、徳川三代将軍の家光が、鷹狩の途中でここで休んだとの言い伝えが残り、手植えとされる松の大木がそびえ立っている。
半年ごとの茅の輪神事を待たずとも、一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居とくぐれば、心が洗われる気分を体感できるかもしれない。

※1 別当寺:神仏習合が行われていた時代に神社を管理していた寺
※2 茅の輪神事:ちのわしんじ。茅(かや)で作った輪をくぐることで罪や穢れを除き、心身が清らかになるよう祈る神事

御祭神
天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)

主な行事
1月1日~7日      年越の大祓(おおはらい)、茅の輪神事
2月17日         祈年祭
6月25日~7月3日    夏越(なごし)の大祓、茅の輪神事
9月第2日曜と前日の土曜 例祭 
11月23日         新嘗祭(にいなめさい) 
12月28日~12月31日    年越の大祓、茅の輪神事
※大祓の日程は茅の輪を設置しているおおよその目安

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>文化・雑学>寺社>龍光寺(りゅうこうじ)
すぎなみ学倶楽部>特集>公園に行こう>屋上庭園 ふくにわ

1911(明治44)年建立の二の鳥居は角柱を使っている珍しい形

1911(明治44)年建立の二の鳥居は角柱を使っている珍しい形

本殿を下から見上げると今にも飛び出しそうな木彫りの龍が見える

本殿を下から見上げると今にも飛び出しそうな木彫りの龍が見える

御朱印とお守り

御朱印とお守り

徳川家光が植えたとされる御神木の松(杉並区指定天然記念物)

徳川家光が植えたとされる御神木の松(杉並区指定天然記念物)

お正月の催し物(2016年12月-2017年1月版)

境内に7日前後まで茅の輪(ちのわ)が置かれており、そこを回ってから参拝するのが恒例となっている。

DATA

  • 住所:杉並区和泉3-21-29
  • 電話:03-3328-6830
  • FAX:03-5376-3780
  • 最寄駅: 永福町(京王井の頭線) 
  • 取材:おおつちさとべえ
  • 撮影:おおつちさとべえ
  • 掲載日:2015年07月21日

関連記事

小さな鳥居と神明造(しんめいづくり)の本殿。1961(昭和36)年建立

掲載日:2015年07月21日

貴船神社

(永福町駅)

くわしく>>

幸福を呼ぶ庭 ふくにわエントランス

掲載日:2011年06月03日

屋上庭園 ふくにわ

(永福町駅)

くわしく>>

掲載日:2008年01月01日

龍光寺

(永福町駅)

くわしく>>